会社を辞めるときに気を付けておくこと

会社勤めをしていると、人間関係に疲れた、仕事が自分に合わない、給与など労働条件に不満がある、などといった理由から会社を辞めたいと思うことがあります。
では、実際に会社を辞める際にはどのようなことに気を付けたらよいでしょうか。
一つは就業規則などで会社を辞めるときの手続きを確認しておくということです。
法律では退職に関するルールは規定されておらず、それぞれの会社ごとで規定が設けられております。
なので、どれくらい前に、誰に会社を辞める旨を申し出たらよいのか、きちんと確認しておく必要があります。
無論、民法627条第1項に定められた解約のルールに基づき、2週間前に一方的に申し出て会社を辞めるという方法もありますが、後々会社とトラブルになることは間違いないですし、退職金の支給にも影響が出かねません。
第二に辞めるにあたっては引き継ぎや申し送りをきちんとやっておくということです。
会社を辞める以上は、誰しも円満退職したいと思うでしょうし、だからこそ会社のルールを遵守し、迷惑をかけない形で辞めるようにする必要があります。